読売新聞オンライン

メニュー

台湾へのワクチン供与、「支援を政治的利益に」と中国がけん制

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【北京=比嘉清太】中国外務省の汪文斌ワンウェンビン副報道局長は5月31日の定例記者会見で、日本政府が新型コロナウイルスワクチンを台湾に供与することを検討していることについて、「ワクチン支援を政治的利益を得ようとたくらむ手段とすべきではない」と述べ、日本をけん制した。ワクチン供与を通じて日台の連携が強まることに警戒感を示した。

英アストラゼネカの新型コロナウイルスワクチン=ロイター
英アストラゼネカの新型コロナウイルスワクチン=ロイター

 中国は自国製ワクチンの提供を台湾側に申し出ている。汪氏は「日本は自国分も十分に確保できていない。日本政府の供与検討について、(台湾などの)メディアや民衆は疑問を持っている」と主張した。

無断転載・複製を禁じます
2090672 0 国際 2021/05/31 19:10:00 2021/05/31 21:20:41 2021/05/31 21:20:41 英アストラゼネカの新型コロナウイルスワクチン=ロイター。高齢者に対する有効性について、国によって判断が分かれている。2021年2月4日撮影。同月6日朝刊「コロナワクチン アストラゼネカ製 高齢者に有効? 議論 独仏伊 推奨せず」掲載。A vail of the Oxford-AstraZeneca COVID-19 vaccine is seen at Basingstoke Fire Station, in Basingstoke, Britain February 4, 2021. REUTERS/Peter Cziborra https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210531-OYT1I50099-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)