読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

離陸直前の機内に乗り込んできた露治安当局、反政権幹部を拘束

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

1日、露西部サンクトペテルブルクで、連行されるピボワロフ氏(中央)=AP
1日、露西部サンクトペテルブルクで、連行されるピボワロフ氏(中央)=AP

 【モスクワ=工藤武人】タス通信などによると、ロシアの治安当局は5月31日、露西部サンクトペテルブルクの空港で、反政権運動団体の元幹部を拘束した。元幹部はポーランド行きの旅客機に搭乗しており、治安当局者が、離陸前の旅客機に乗り込んできたことをSNSで明らかにした。露治安当局が強硬手段で出国を阻止した可能性がある。

 旅客機はLOTポーランド航空便で、元幹部の拘束後、予定より約1時間半遅れで離陸したという。

 治安当局が拘束したアンドレイ・ピボワロフ氏(39)は、プーチン露大統領と対立した元石油大手ユコス社長のミハイル・ホドルコフスキー氏が創設した政治団体「オープン・ロシア」の幹部だった。オープン・ロシアは、プーチン政権の弾圧強化を受け、5月27日に解散を発表した。

 ベラルーシ当局が5月23日に、旅客機を自国内の空港に強制着陸させ、乗っていた反政権派メディアの創設者を拘束した問題を巡り、ロシアは、ベラルーシを擁護している。ホドルコフスキー氏は亡命先の英国を拠点にプーチン氏を批判している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2093513 0 国際 2021/06/01 20:52:00 2021/06/01 21:39:57 2021/06/01 21:39:57 Andrei Pivovarov, the head of Open Russia movement that dissolved itself last week, is taken from his apartment building after being arrested in St.Petersburg, Russia, Tuesday, June 1, 2021. Russian authorities are ramping up their pressure on dissent ahead of the country's parliamentary election, arresting one opposition activist and raiding several others' homes. Pivovarov has been pulled off a plane at St. Petersburg's airport and is to be taken to Krasnodar in southern Russia. (Ruslan Terekhov/SOTA via AP) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210601-OYT1I50119-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)