[深層NEWS]新型コロナの武漢流出説、「中国が起源特定に協力するかみていく必要ある」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 神田外語大の興梠一郎教授と経済産業研究所の藤和彦コンサルティングフェロー、笹川平和財団の渡部恒雄上席研究員が4日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、中国・武漢のウイルス研究所からの新型コロナウイルス流出説について議論した。

スペインの大学、菅前首相に金メダル授与…コロナ禍で五輪開催「困難ある中で成功」

 藤氏は、「世界の研究者がしらみつぶしに(感染源の)動物を探してもまだ見つからないので、流出説が出てきた」と分析した。渡部氏は、「次のパンデミックを防ぐために起源を明確にするのは重要。中国がどの程度協力するか、世界はよくみていく必要がある」と指摘した。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2102671 0 国際 2021/06/05 00:22:00 2021/06/05 00:22:00 2021/06/05 00:22:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)