読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ビットコインを法定通貨に…国民7割が口座持たないエルサルバドルで法案提出へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【リオデジャネイロ=淵上隆悠】中米エルサルバドルのナジブ・ブケレ大統領は5日、暗号資産(仮想通貨)「ビットコイン」を法定通貨とするため、近く国会に法案を提出する考えを示した。実現すれば、世界初の事例になるという。

「ビットコイン」のイメージ=ロイター
「ビットコイン」のイメージ=ロイター

 米マイアミで開かれたビットコイン関連のイベントにビデオ出演し、表明した。暗号資産は銀行を経由せず、安い手数料で素早く国際送金が可能だ。ブケレ氏はツイッターで、国民の7割が銀行口座を持たないことや、外国の親族からの送金を頼りにしていることを挙げ、「数百万人の生活と未来を改善してくれるだろう」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
2105791 0 国際 2021/06/06 23:48:00 2021/06/07 14:42:36 2021/06/07 14:42:36 暗号資産「ビットコイン」をイメージしたもの=ロイター。2021年2月28日撮影。同年3月3日朝刊[スキャナー]「緩和マネー 暗号資産に流入 ビットコイン急騰」掲載。二次利用は写真部に連絡を。クレジット:ロイターFILE PHOTO: A collection of bitcoin (virtual currency) tokens are displayed in this picture illustration taken Dec. 8, 2017. REUTERS/Benoit Tessier/Illustration/File Photo https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210606-OYT1I50056-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)