読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

サイバー攻撃受けたブラジル食肉大手、「身代金」12億円をビットコインで支払い

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【リオデジャネイロ=淵上隆悠】ブラジル食肉大手JBSがサイバー攻撃を受け、北米や豪州の食肉工場が操業を停止した問題で、JBSは9日、犯行グループに1100万ドル(約12億円)相当の身代金を支払ったと発表した。

 JBSは声明で、「顧客への悪影響を防ぐために必要な決断だった」と説明した。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)によると、JBSは米国の食肉供給の約2割を担う。支払いには、暗号資産(仮想通貨)「ビットコイン」を使ったという。

 攻撃には、データを勝手に暗号化してシステムを停止させ、解除の条件として金銭を要求する「ランサムウェア」と呼ばれるウイルスが使われた。米国では、5月にも国内最大級のパイプラインが操業停止に追い込まれ、運営会社が身代金の支払いに応じた。

無断転載・複製を禁じます
2115703 0 国際 2021/06/10 18:39:00 2021/06/22 19:00:03 2021/06/22 19:00:03

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)