読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ケイコ・フジモリ氏が徹底抗戦の構え…ペルー大統領選、疑問票の審査続く

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【リマ=渡辺晋】ペルーで6日に行われた大統領選の決選投票は10日、選管当局の開票率が100%に達した。10日午後9時現在で急進左派のペドロ・カスティジョ氏(51)が得票率50・18%となり、中道右派のケイコ・フジモリ氏(46)の49・82%を0・36ポイント上回った。疑問票などの審査は続いているが、結果を覆すには至らない可能性が高い。

10日、リマ市旧市街にあるカスティジョ氏の事務所前で気勢を上げる支持者ら(渡辺晋撮影)
10日、リマ市旧市街にあるカスティジョ氏の事務所前で気勢を上げる支持者ら(渡辺晋撮影)

 ケイコ氏は9日、不正の疑いがあるとして、約20万票について無効を申し立てた。敗北を認めずに徹底抗戦する構えをみせており、選挙結果の確定にはなお時間がかかるとみられる。

無断転載・複製を禁じます
2117449 0 国際 2021/06/11 12:59:00 2021/06/11 12:59:00 2021/06/11 12:59:00 10日、リマ市旧市街にあるカスティジョ氏の事務所前で気勢を上げる支持者ら https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210611-OYT1I50050-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)