読売新聞オンライン

メニュー

中国、G7に反発「ルールは少数の国が定めるものではない」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【北京=比嘉清太】中国の在英大使館報道官は12日、英国で開催中の先進7か国首脳会議(G7サミット)に関連して談話を発表し、「(ルールとは)少数の国が定めるものではない」と主張した。G7サミットが中国を念頭に、「ルールに基づく秩序」を守ることの重要性を確認する見通しであることに反発した。

天安門広場
天安門広場

 報道官は、「世界の物事を少数の国が動かすような時代は既に過ぎ去った」とも強調した。G7サミットが中国に厳しい認識を示したとしても、中国の外交政策に大きな影響はないとする立場を示した。

無断転載・複製を禁じます
2119669 0 国際 2021/06/12 18:58:00 2021/06/12 18:58:00 2021/06/12 18:58:00 天安門広場。中国・北京で。2019年3月2日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210612-OYT1I50092-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)