読売新聞オンライン

メニュー

中国原発に「切迫した放射性物質の脅威」、仏原子炉メーカーが米政府に書簡…CNN報道

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【香港=吉岡みゆき】米CNNは14日、フランスの原子炉メーカー「フラマトム」が事業に参加している中国広東省の台山原子力発電所について、米政府に「切迫した放射性物質の脅威」を警告する書簡を送ったと報じた。中国政府が原発稼働停止を避けようと、基準値を緩和している可能性があると指摘したという。

 仏メーカーは支援を求める趣旨で書簡を送ったが、米政府は1週間にわたって状況を確認した結果、「危険レベルには達していない」と判断しているという。

 原発の運営会社も「原発周辺のモニタリングポストの測定値は正常で、原発は法規を満たす形で運転している」と発表している。

無断転載・複製を禁じます
2123493 0 国際 2021/06/14 19:35:00 2021/06/14 21:27:50 2021/06/14 21:27:50

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)