読売新聞オンライン

メニュー

中国軍機28機、台湾の防空識別圏へ進入…サミット首脳宣言に反発か

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【台北=杉山祐之】台湾の国防部(国防省)によると、15日、中国軍の戦闘機、爆撃機など計28機が、台湾南西部の防空識別圏に入った。進入が常態化した昨年来、1日に入った機数としては最も多い。先進7か国首脳会議(G7サミット)の首脳宣言が台湾問題に言及したことへの反発を示したとみられる。

 「殲(J)16」などの戦闘機が計20機を占めた。一部は台湾―フィリピン間のバシー海峡を越え、台湾南東沖まで飛行した。

無断転載・複製を禁じます
2126514 0 国際 2021/06/15 20:33:00 2021/06/15 20:33:00 2021/06/15 20:33:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)