読売新聞オンライン

メニュー

オバマケア違憲訴訟、最高裁が棄却…トランプ氏指名の保守派判事2人も存続支持

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=田島大志】米最高裁は17日、民主党のオバマ政権下で導入された医療保険制度「オバマケア」が違憲だとしてテキサス州などが訴えた訴訟で、原告の訴えを棄却し、制度存続を支持した。オバマケアの廃止を訴えていたトランプ前大統領に指名された保守派判事3人のうち2人も存続支持に回った。

米最高裁(AP)
米最高裁(AP)

 バイデン大統領はオバマケアの拡充を訴えており、判決を受けて発表した声明で、「最高裁の判断は、法律の恩恵を受けている全国民にとって大きな勝利だ。この画期的な法律を前進させる時が来た」と強調した。

 判決では、原告の訴える法的地位がないことを理由に挙げ、違憲性の判断には踏み込まなかった。最高裁が存続支持の判決を出すのは3度目となる。

無断転載・複製を禁じます
2136825 0 国際 2021/06/18 19:31:00 2021/06/18 22:07:12 2021/06/18 22:07:12 FILE - This June 8, 2021 file photo shows the Supreme Court building in Washington. A Thursday, June 17, 2021 Supreme Court ruling that favored Catholic Social Services in Philadelphia was far from the constitutional gale wind that would have reshaped how courts interpret religious liberty under the First Amendment. Governmental entities are now on notice that if they want to ban discrimination against LGBTQ persons or anyone else, they had better not allow for any exceptions – or else religious groups will have the right to ask for them, and they'll have a strong case for getting them. (AP Photo/J. Scott Applewhite) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210618-OYT1I50097-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)