読売新聞オンライン

メニュー

バイデン政権、台湾にワクチン250万回分提供……当初予定の3倍超・中国をけん制

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=山内竜介、台北=杉山祐之】米国が台湾に提供する米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチン250万回分が20日、貨物便で桃園国際空港に到着した。支援規模は、先に訪台した米議員団が言及した当初予定75万回分の約3・3倍に相当し、日本提供の124万回分を含めて台湾がこれまで調達した約236万回分を上回る。

貨物便で台湾に到着した新型コロナウイルスワクチン(AP)
貨物便で台湾に到着した新型コロナウイルスワクチン(AP)

 提供数を大幅に拡大させた米国には、米台関係を一段と深め、中国をけん制する狙いがあるとみられる。米国務省のネッド・プライス報道官は19日、「世界で新型コロナに打ち勝つというバイデン大統領の約束を誇りに思う」と述べた。

 今回の支援は、ワクチンの不足や接種の遅れで批判を浴びている 蔡英文ツァイインウェン 政権への強力な支援となる。蔡総統は到着後、米国と日本に重ねて謝意を表した。自身のフェイスブックには、米国の支援増について、「台米双方の努力の下、米政府が決定した」と記した。

無断転載・複製を禁じます
2140795 0 国際 2021/06/21 00:35:00 2021/06/21 00:35:00 2021/06/21 00:35:00 In this photo released by the Taiwan Centers for Disease Control, workers unload COVID-19 vaccines from a China Airlines cargo plane from Memphis that arrived at the airport outside Taipei in Taiwan, Sunday, June 20, 2021. The U.S. sent 2.5 million doses of the Moderna COVID-19 vaccine to Taiwan on Sunday, tripling an earlier pledge in a donation with both public health and geopolitical meaning. (Taiwan Centers for Disease Control via AP) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210620-OYT1I50060-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)