読売新聞オンライン

メニュー

五輪開会式のバイデン氏参加見送りへ…「ジル夫人」出席案が浮上

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=田島大志】米国のバイデン政権は東京五輪への高官派遣について大詰めの検討に入った。政権内では、開会式にジル大統領夫人を出席させる案が浮上している。

ジル・バイデン米大統領夫人(AP)
ジル・バイデン米大統領夫人(AP)

 バイデン大統領は12日、英国で菅首相に万全の新型コロナウイルス感染対策を施した上での開催を支持する考えを示し、「五輪精神の伝統の中で戦う選手団を誇りに思う」と伝えた。歴代大統領には開会式で米国代表団の団長を務めた例もある。バイデン氏の出席は見送られる方向だ。

 1998年の長野冬季五輪の際はゴア副大統領が来日し、2018年の韓国・平昌五輪にはペンス副大統領が開会式に出席した。今回、日本政府にはハリス副大統領の来日に期待する声がある。ハリス氏はアジア系初の米副大統領で、日米外交筋は「実現すれば、ハリス氏にとってアジアデビューの格好の舞台となるはずだ」と語る。

 ただ、ハリス氏は政権内の懸案である不法移民問題を担当しており、今月、初の外遊で中米を歴訪したばかりだ。移民問題を巡る共和党からのハリス氏への個人攻撃も強まっており、アジアへの外遊は難しいとの見方が政権内にある。

 そうした中、有力候補に浮かび上がっているのがジル夫人だ。ジル夫人は今月、先進7か国首脳会議(G7サミット)で外交デビューを果たし、意欲的に活動した。12年のロンドン五輪ではオバマ大統領のミシェル夫人が開会式に出席した例もある。

 米国にとって、東京五輪への対応は、来年2月に予定される北京冬季五輪も連動している。

 民主党の重鎮、ナンシー・ペロシ下院議長は、中国が少数民族や香港の民主派への弾圧を強めていることへの抗議の意思表示として、北京五輪への高官参加のボイコットを各国に呼びかけている。民主党の一部や対中強硬派の共和党議員の間では、開催地変更を求める声まである。

 政権に近い元政府高官は「米国は、東京五輪への対応を通じ、対中戦略の要である日本をいかに重視しているか示し、北京冬季五輪に対する姿勢との差を際立たせる必要がある」と語る。

 米政府高官は、「だれを派遣するかは最終的に世論の動向も見極めて判断される」と語っている。

無断転載・複製を禁じます
2144226 0 国際 2021/06/22 05:00:00 2021/06/22 07:05:42 2021/06/22 07:05:42 US First Lady Jill Biden smiles as she meets military surfers and their families in Newlyn, Cornwall, England, on the sidelines of the G7 summit, Saturday June 12, 2021. US First Lady Jill Biden met with veterans, first responders and family members of Bude Surf Veterans, a Cornwall-based volunteer organization that provides social support and surfing excursions for veterans, first responders and their families. (Daniel Leal-Olivas/Pool via AP) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210621-OYT1I50130-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)