北朝鮮メディア「やつれた総書記に涙が流れる」…食糧不足への不満和らげる狙いか

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ソウル=建石剛】ラヂオプレス(東京)によると、北朝鮮の朝鮮中央テレビは25日の番組で、 金正恩キムジョンウン 朝鮮労働党総書記について、高齢男性が「やつれた姿を見て心が痛かった」と話す街頭インタビューを放送した。国営メディアが最高指導者の体調に触れるのは異例だ。

国営朝鮮中央テレビのニュース映像の金正恩総書記。上は今月、下は今年2月。共に朝鮮労働党中央委員会総会で(ロイター)
国営朝鮮中央テレビのニュース映像の金正恩総書記。上は今月、下は今年2月。共に朝鮮労働党中央委員会総会で(ロイター)

 一般市民とみられる男性は、正恩氏が鑑賞した演奏会の反響を伝えた番組で、「(やつれた姿に)涙が勝手に流れるとみんなが言っています」とも話した。

 韓国政府関係者は「(正恩氏の)健康問題は確認されていない」としている。北朝鮮当局には、最高指導者も心労がたまっているとの印象を広め、食糧不足などへの国民の不満を和らげる狙いがありそうだ。

 正恩氏が今年6月の党会議に参加した際、腕時計のベルトの穴の位置が以前より内側だったことから、韓国メディアなどから「やせた」との指摘が相次ぎ、「体調を崩している」「ダイエットしている」などの臆測も飛び交っていた。

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2162673 0 国際 2021/06/28 20:53:00 2021/06/28 22:14:22 2021/06/28 22:14:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210628-OYT1I50089-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)