読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

中国の砂漠地帯にICBM格納庫…米側「核保有量は予想上回るレベルで増加」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=蒔田一彦】米紙ワシントン・ポストは1日、米専門家による衛星写真の分析として、中国が内陸部の砂漠地帯で大陸間弾道ミサイル(ICBM)用とみられる多数の地下施設を建設していると伝えた。米国をにらんだ新たな核戦力増強の動きだ。

中国甘粛省玉門付近の衛星写真。丸印は、ミサイル地下発射施設とみられる施設の建設が確認された地点(Planet Labs Inc./Center for Nonproliferation Studies提供)
中国甘粛省玉門付近の衛星写真。丸印は、ミサイル地下発射施設とみられる施設の建設が確認された地点(Planet Labs Inc./Center for Nonproliferation Studies提供)

 分析したのは、米ミドルベリー国際大学院ジェームズ・マーティン不拡散研究センターのジェフリー・ルイス教授。中国甘粛省玉門付近の衛星写真で、発射装置を備えた地下格納庫とみられる施設が計119か所で建設されているのが判明した。既に確認済みの発射施設と酷似しており、米全土を射程に収める新型ICBM「東風(DF)41」用とみられるとしている。

6月29日に撮影された中国甘粛省玉門付近の衛星写真。ミサイル地下格納庫とみられる施設の建設が進んでいる(Planet Labs Inc./Center for Nonproliferation Studies提供)
6月29日に撮影された中国甘粛省玉門付近の衛星写真。ミサイル地下格納庫とみられる施設の建設が進んでいる(Planet Labs Inc./Center for Nonproliferation Studies提供)

 中国は米軍から核攻撃を受けても、破壊を免れた核ミサイルで反撃する能力の確保を目指している。実際に配備されるミサイル基数は施設の数を下回る可能性がある。中国は過去にも「おとり施設」を建設したことがあるという。米国防総省は昨年まとめた報告書で、中国のICBM保有数を約100基、核弾頭保有数を200発台前半と推測している。

 米国務省のネッド・プライス報道官は1日の記者会見で「中国の核保有量は予想を上回るレベルで増えており、その意図に疑問が生じている」と懸念を示した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2174754 0 国際 2021/07/02 19:01:00 2021/07/03 08:26:15 2021/07/03 08:26:15 中国甘粛省玉門付近の衛星写真。丸印は、ミサイル地下格納庫とみられる施設の建設が確認された地点(Planet Labs Inc./Center for Nonproliferation Studies提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210702-OYT1I50158-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)