読売新聞オンライン

メニュー

マスク着用義務なくなる英国、ほぼ全規制を撤廃…医療界からは懸念

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ロンドン=池田慶太】英国のジョンソン首相は5日の記者会見で、今月19日からロンドンを含むイングランド全域で、新型コロナウイルス感染対策のほぼ全ての規制を撤廃する方針を明らかにした。感染拡大が続いているものの、ワクチン接種が進み、重症化や死亡を抑えられると判断した。

ロンドンでマスクを着け行き交う市民ら(4日、ロイター)
ロンドンでマスクを着け行き交う市民ら(4日、ロイター)

 英政府は今年1月から続くロックダウン(都市封鎖)を4段階で緩和する計画で、今回が最終段階に当たる。公共交通機関や店舗でのマスク着用義務をなくすほか、1メートル以上の対人距離の確保や、在宅勤務の指示などが撤廃される。演劇やスポーツイベントは満員の観客で開催できるようになる。海外からの入国制限などは維持される見通しだ。

5日、ロンドンでの記者会見で、感染対策規制撤廃を発表したジョンソン英首相(ロイター)
5日、ロンドンでの記者会見で、感染対策規制撤廃を発表したジョンソン英首相(ロイター)

 英国ではインド型(デルタ型)が猛威を振るっており、5日には1日の感染者数が2万7334人に達した。ただ、死者は9人に抑えられており、ジョンソン氏は「データはワクチンが死亡率を大幅に低下させていることを示している」と指摘し、制限を一気に緩和しても影響は限定的との見解を示した。英国では成人の86%が1回目のワクチン接種を終え、64%が2回目を終えている。

 一方、マスクの着用などの感染対策を個人の判断に委ねることには、医療界などから懸念も出ている。

無断転載・複製を禁じます
2183018 0 国際 2021/07/06 13:20:00 2021/07/06 13:20:00 2021/07/06 13:20:00 FILE PHOTO: People, some wearing protective face masks, walk over Westminster Bridge, amid the coronavirus disease (COVID-19) pandemic, in London, Britain, July 4, 2021. REUTERS/Henry Nicholls/File Photo https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210706-OYT1I50037-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)