読売新聞オンライン

メニュー

香港で中高生ら9人、国安法違反容疑で逮捕…独立主張の団体に所属

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【香港=吉岡みゆき】香港警察は6日、15~39歳の男女9人を国家安全維持法(国安法)違反(テロ活動)の容疑で逮捕したと発表した。鉄道や裁判所の建物、海底トンネルなどを爆発物で破壊しようと計画していたとしている。9人とも香港独立を主張する団体に所属しており、6人は中高生だという。

 発表によれば、9人は九竜半島の繁華街・尖沙咀の宿泊施設で爆発物を製造し、7月上旬に複数の施設に仕掛けようとしていたという。中高生のほかに大学職員やタクシー運転手が含まれており、警察は事件に関連して約60万香港ドル(約860万円)相当の資産を差し押さえたとしている。

 香港では今月1日、国安法に不満を持つ男が警官を刃物で襲い自殺する事件が起きた。警察は、反政府的な思想を背景とする事件が相次いでいるとして、弾圧姿勢を強めている。

無断転載・複製を禁じます
2184230 0 国際 2021/07/06 19:22:00 2021/07/06 19:32:52 2021/07/06 19:32:52 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210706-OYT1I50132-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)