読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「福島産農産品は安全」と発言の中国人研究者、「日本人のような精神」ネットで批判集中

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【香港=吉岡みゆき】中国政府系研究機関の中国科学院のフォーラムで、専門家が「福島県産農産品は安全」と発言したことに批判が集中し、主催者が7日、録画映像をホームページから削除して謝罪した。

 主催者や中国メディアによると、広東省科学院の土壌研究者、陳能場氏が4月27日、広州市で講演した際に「福島県産の野菜や肉は、除染を行った結果、放射性物質検査で安全性が確認されている」と語った。

 これに対し、「精神日本人(日本人のような精神を持った中国人)」「安全性を宣伝するべきでない」などの批判がネット上で相次いだ。

 主催者は「講演に不適切な内容があった」とし、「映像が招いた悪影響について謝罪する」とのコメントを出した。

 中国政府は、福島第一原子力発電所の事故発生後、「事故で汚染された」として、福島県など一部地域の農水産品の輸入を停止した。その後、いくつかの県を除き、10年以上にわたって判断を変えていない。

 日本の農林水産省によると、中国本土以外に、台湾、韓国など5か国・地域が、日本の一部地域の農水産品について輸入停止措置を継続している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2191872 0 国際 2021/07/09 01:29:00 2021/07/17 13:26:10 2021/07/17 13:26:10

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)