習近平氏と金正恩氏、祝電を交換…「半島有事に中国自動介入」条約60周年

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【北京=大木聖馬】中国外務省は11日、中国の 習近平シージンピン 国家主席と北朝鮮の 金正恩キムジョンウン 朝鮮労働党総書記が同日、朝鮮半島有事の際に中国が自動介入することを規定した「中朝友好協力相互援助条約」の締結から60年となったことを受け、祝電を交換したと発表した。

習近平国家主席
習近平国家主席

 習氏は祝電の中で、条約について、「両国の友好協力を永続的に進めるための重要な政治・法律的基礎をうち固めた」と評価した。そのうえで、中朝と対立を深める米国を念頭に、「世界ではいま、この100年でかつてない大きな変化が急速に進んでいる。(金)総書記同志と戦略的な意思疎通を強め、中朝関係を前進させていきたい」と述べ、北朝鮮との連携強化に意欲を見せた。

 金総書記も祝電の中で、「朝中友好協力関係を絶えず発展させていくことは、党と政府の確固不動の立場だ」と言及し、両国関係のさらなる発展に期待感を示した。

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2197618 0 国際 2021/07/11 11:38:00 2021/07/11 17:39:22 2021/07/11 17:39:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210711-OYT1I50065-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)