コロナ起源調査が不十分なら「北京五輪の開催地変更を」…ペンス前副大統領

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=田島大志】米国のマイク・ペンス前副大統領(共和党)は14日、インド太平洋戦略をテーマにワシントンで講演し、2022年の北京冬季五輪について、新型コロナウイルスの発生源調査に中国が全面協力しないなら「米国は開催地変更を明確に要求するべきだ」と主張した。

バイデン氏が2日連続で陰性、通常執務に復帰…ファイザー飲み薬で再陽性の「リバウンド」か
ペンス氏(ロイター)
ペンス氏(ロイター)

 ペンス氏は「中国政府の透明性の欠如により壊滅的な大流行を招いた」と指摘し、五輪開催の条件として、新疆ウイグル自治区での人権弾圧の停止も挙げた。

 また、米国が世界保健機関(WHO)からの脱退を撤回したことについて「何の譲歩も引き出さずに、中国が管理する機関に再び加わった」とバイデン政権の対中政策を批判した。

 「対中圧力を維持し、そのペースを上げるべきだ」とも主張し、インド太平洋における航行の自由の確保に向け、米海軍の大幅増強が必要との認識を示した。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2210762 0 国際 2021/07/16 01:19:00 2021/07/16 01:19:00 2021/07/16 01:19:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210715-OYT1I50154-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)