米で「未接種者のパンデミック」警告…バイデン氏「SNSの偽情報で人々が亡くなっている」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=田島大志、ニューヨーク=小林泰明】米国の新型コロナウイルスワクチン未接種者の間で、感染が再び拡大している。米疾病対策センター(CDC)のロシェル・ワレンスキー所長は16日、記者会見で「未接種者のパンデミック(世界的大流行)が起きつつある」と警告した。

大阪府で新たに3156人コロナ感染…1週間前から134人減

 CDCによると、米国の直近1週間の感染者数は1日平均約2万6300人で、1週間前に比べて70%増加した。入院者数も36%増え、入院者の97%はワクチン未接種者が占めている。

 感染力が強いとされるインド型(デルタ型)が広がっており、ワレンスキー氏は「ワクチンを完全に接種すればデルタ型からも保護される」と訴えた。

 米国民の接種率は48%に達する一方、最近の接種のペースは1日50万回を下回る水準に落ち込んでいる。副反応などを巡る多数の偽情報がSNSを通じて拡散されており、これが米国民のワクチン不信を助長しているとみられる。

バイデン米大統領(ロイター)
バイデン米大統領(ロイター)

 バイデン大統領は16日、ワクチン接種の伸び悩みを巡ってSNS運営会社に矛先を向け、偽情報への対応が不十分だとして、「彼らのせいで人々が亡くなっている」と記者団に語った。

 これに対し、フェイスブックは声明を出し、「フェイスブックで信頼できる情報を閲覧した人は20億人を超え、インターネット上のどこよりも多い。フェイスブックは命を救うのに役立っている」と反論した。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2214947 0 国際 2021/07/17 21:22:00 2021/07/18 08:55:32 2021/07/18 08:55:32 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210717-OYT1I50111-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)