読売新聞オンライン

メニュー

台湾オードリー・タン氏、五輪での訪日中止…「防疫対策に協力するため」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

オードリー・タン氏(AFP時事)
オードリー・タン氏(AFP時事)

 【台北=杉山祐之】東京五輪開会式に出席するため、日本を訪問する予定だった台湾のIT担当閣僚、オードリー・タン(唐鳳)政務委員は18日、自身のフェイスブック上で、「東京五輪の防疫対策に協力するため」として、訪日を取りやめたことを明らかにした。

 台湾の行政院(内閣)報道官によると、台湾側は、タン氏派遣決定後の14日、国際オリンピック委員会(IOC)から、「防疫面を考慮し、開会式の出席者は五輪委の主席、秘書長や、国家元首、首相らに限る」との通知を電子メールで受け取った。

 これにより、タン氏の開会式出席が不可能になった。タン氏は、 蔡英文ツァイインウェン 総統らと協議、IOCが示したルールを守ることを確認し、訪日中止を決めた。タン氏は、フェイスブックに日本語で「予定は変わったが、選手を応援する気持ち、五輪をサポートすること、日本への感謝の心は変わらない」と記した。

 タン氏訪日を巡っては、日台関係の強化を警戒する中国の対応が注目されていた。IOCが通知を出す過程で、中国から何らかの働きかけなどがあったかは、明らかになっていない。

無断転載・複製を禁じます
2216321 0 国際 2021/07/18 18:22:00 2021/07/18 21:51:11 2021/07/18 21:51:11  台湾の唐鳳(オードリー・タン)政務委員(閣僚)=2020年6月、台北(AFP時事) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210718-OYT1I50072-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)