読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

中国メディア「米でコロナ発生源調査を」…WHOの追加提案に反発、ネットで署名募る

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【上海=南部さやか】新型コロナウイルスの発生源を巡り、中国共産党機関紙傘下の環球時報が世界保健機関(WHO)に対し、米国での調査実施を求める署名をネットで募っている。WHOが武漢での追加調査を提案したことへの反発で、国外からウイルスが持ちこまれたとする中国側の主張を改めて強調する狙いだ。

WHOのテドロス事務局長(ロイター)
WHOのテドロス事務局長(ロイター)

 署名の呼びかけは、WHOのテドロス・アダノム事務局長が16日、追加調査を提案した翌日から始まった。環球時報は、米陸軍の医学研究施設からウイルスが流出した可能性があるとして調査を要求。バイデン米大統領が5月末、追加調査を情報当局に指示した武漢ウイルス研究所は、すでに欧米専門家や米メディアに公開したとも主張している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2219610 0 国際 2021/07/19 23:06:00 2021/07/19 23:06:00 2021/07/19 23:06:00 FILE PHOTO: World Health Organization (WHO) Director-General Tedros Adhanom Ghebreyesus attends a news conference organized by Geneva Association of United Nations Correspondents (ACANU) amid the COVID-19 outbreak, caused by the novel coronavirus, at the WHO headquarters in Geneva Switzerland July 3, 2020. Fabrice Coffrini/Pool via REUTERS/File Photoテドロス事務局長(ロイター) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210719-OYT1I50137-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)