読売新聞オンライン

メニュー

ケイコ・フジモリ氏の敗北ようやく決定…「いずれ真実は明らかになる」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【リオデジャネイロ=淵上隆悠】南米ペルーの選管当局は19日、6月6日に行われた大統領選の決選投票で、急進左派のペドロ・カスティジョ氏(51)が勝利したと発表した。アルベルト・フジモリ元大統領(82)の長女で、中道右派のケイコ・フジモリ氏(46)は敗れ、親子2代の日系人大統領就任は実現しなかった。

ペドロ・カスティジョ氏(AP)
ペドロ・カスティジョ氏(AP)
19日、ペルーの首都リマで、記者団を前に選挙結果について語るケイコ・フジモリ氏(ロイター)
19日、ペルーの首都リマで、記者団を前に選挙結果について語るケイコ・フジモリ氏(ロイター)

 ケイコ氏が投票不正を主張し、約20万票を無効にするよう申し立てていたため、勝者の確定に時間がかかっていた。最終結果は、カスティジョ氏の得票率が50・126%、ケイコ氏が49・874%で、票差は4万4263票だった。

 発表を受け、カスティジョ氏はツイッターで、「歴史的な勝利だ。自由なペルーを共に築こう」と呼びかけた。建国200周年となる28日に就任する。

 ケイコ氏は発表前に記者会見を開き、「結果を認める」と敗北を受け入れたが、「いずれ真実は明らかになる」とも語り、不正があったとの立場は崩さなかった。

 カスティジョ氏は「富の再分配」などを訴え、地方の貧困層の人気を集めた。ケイコ氏は市場経済重視の立場を強調して都市部の富裕層らの支持を得たが、及ばなかった。

無断転載・複製を禁じます
2220412 0 国際 2021/07/20 10:49:00 2021/07/20 10:49:00 2021/07/20 10:49:00 ペドロ・カスティジョ氏=AP。ペルー大統領選決選投票が始まり、急進左派の候補として激しく競っている。2021年6月7日朝刊「ケイコ氏、支持率拮抗 ペルー大統領選 決選投票始まる」に顔写真として掲載。二次利用は写真部に連絡を。クレジット:APFILE - In this April 16, 2021 file photo, Free Peru party presidential candidate Pedro Castillo poses for a photo on his property in Chugur, Peru. Castillo until recently was a rural schoolteacher in the country’s third-poorest district, deep in the Andes. The son of illiterate peasants entered politics by leading a teachers’ strike. (AP Photo/Martin Mejia, File) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210720-OYT1I50047-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)