読売新聞オンライン

メニュー

米軍、ソマリアでイスラム過激派標的に空爆…バイデン政権下で初の実施

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=田島大志】米国防総省は20日、アフリカ東部ソマリアで、国際テロ組織「アル・カーイダ」系のイスラム過激派組織「アル・シャバブ」を標的に空爆を行ったことを明らかにした。米国はソマリア政府と連携してテロ掃討作戦を続けてきた。バイデン政権下での空爆の実施は初めてとみられる。

 国防総省の報道担当者によると、空爆はソマリア軍を支援する目的で、米アフリカ軍が20日に中部ガルカイヨの近くで行った。死傷者が出たかなど、詳しい状況は明らかになっていない。

無断転載・複製を禁じます
2223853 0 国際 2021/07/21 12:01:00 2021/07/21 12:01:00 2021/07/21 12:01:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)