読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

中国鉄道事故10年、痕跡消え「報道は一切できない」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 中国東部・浙江省温州市で起きた高速鉄道事故から、23日で10年となる。中国政府は事故直後から関連報道の規制に躍起となり、今も批判再燃を警戒する。 習近平シージンピン 政権は、事故など存在しなかったかのように高速鉄道網の拡大を続け、国威発揚に利用している。(温州 南部さやか)

住民立ち退き様変わり

7月中旬、中国浙江省温州市で、事故現場付近を走る高速鉄道。周辺にはマンションが立ち並ぶ(南部さやか撮影)
7月中旬、中国浙江省温州市で、事故現場付近を走る高速鉄道。周辺にはマンションが立ち並ぶ(南部さやか撮影)

 7月中旬、事故現場周辺を訪れると、靴の製造工場や建設中のマンションが目についた。近くに高い建物が見られなかった10年前とは様変わりしたようだ。

 事故車両が埋められた一帯は柵で囲われ、雑草が生い茂っていた。一見しただけでは事故の跡は見いだせないが、記者には当局者8人の尾行がついて回った。

 事故当時、周辺にいた住民は、大部分が開発に伴って立ち退かされた。事故車両からけが人を救出する活動にあたった男性(67)もその一人だ。「事故は風化したように見えるが、助けを求めて泣き叫ぶ声が耳から離れない」と明かした。一方、事故後に移り住んだ現在の住民には、事故を知らない人さえいるという。

コメント今も

 事故発生直後は、当局のずさんな処理を巡って「人命軽視」「証拠隠滅」と遺族らの怒りが爆発した。普段は当局に従順な中国メディアも独自取材を繰り広げ、真相究明を訴える遺族を後押しした。

 批判の矛先が政権に向かうことを恐れた当局は、事故の翌日から、独自報道自粛を求める通達を出した。抵抗するメディアもあったが、規制は徐々に強まり、1年後には事故を振り返る特集もほとんど見られなかった。当時現場で取材した中国誌の男性記者(46)は、今は「事故報道は一切できない」と言葉少なに話した。

 事故で両親を亡くした女児(当時2歳)の叔父のSNSには、今も女児を気遣うコメントが届く。叔父は7月上旬、「中学生になった。苦しいこともあったが、ここまで成長した」と書き込んだ。事故に直接言及することは避けた。

 別の遺族男性のアカウントは、事故1か月後から更新されていないが、「悲劇を永遠に忘れない」といった投稿が今も寄せられる。

1

2

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2228118 0 国際 2021/07/23 05:00:00 2021/07/23 14:49:34 2021/07/23 14:49:34 7月中旬、浙江省温州市で、事故現場付近を走る高速鉄道=南部さやか撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210723-OYT1I50004-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)