読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

米中高官会談、香港・ウイグル問題など議論平行線

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【天津=大木聖馬、ワシントン=蒔田一彦】米国務省ナンバー2のウェンディー・シャーマン副長官は26日、訪問先の中国・天津で、 王毅ワンイー 国務委員兼外相と会談した。米中間の懸案を中心に議論したが、主張の隔たりは埋まらなかった。

26日、中国・天津で会談に臨むシャーマン氏(左)と王毅氏=AP
26日、中国・天津で会談に臨むシャーマン氏(左)と王毅氏=AP

 米国務省の発表によると、シャーマン氏は会談で「米国は厳しい競争を歓迎する。今後も競争力を高め続けるつもりだが、中国との紛争は求めていない」と語った。

 そのうえで、香港や台湾、新疆ウイグル自治区の問題、東・南シナ海での一方的な海洋進出やサイバー攻撃などを列挙し、中国が国際秩序を損なっているとして懸念を伝えた。新型コロナウイルス発生源に関する世界保健機関(WHO)の追加調査への協力も求めた。

 中国外務省によると、王氏は「新疆ウイグル自治区や香港に関わる問題は人権や民主の問題ではない」と主張し、米側の要求に応じない考えを明確にした。また、「台湾問題は最も重い問題だ」とし、台湾を巡る動きに対して「いかなる必要な手段も講じる権利を有する」と述べて米国をけん制した。

 シャーマン氏は王氏との会談に先立ち、 謝鋒シエフォン 外務次官とも会談し、中国側に国際ルールに従って行動するように促した。北朝鮮やイランの核問題、気候変動についても意見交換し、中国側に協力を求めた。

 米バイデン政権の発足後、中国で米中の外交当局高官が会談したのは初めて。高官による会談は、3月に米アラスカ州で行われて以来2度目となった。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2236992 0 国際 2021/07/27 00:55:00 2021/07/27 00:55:00 2021/07/27 00:55:00 In this photo provided by the U.S. Department of State, U.S. Deputy Secretary of State Wendy Sherman, left, and Chinese Foreign Minister Wang Yi sit together in Tianjin, China, Monday, July 26, 2021. China came out swinging at high-level face-to-face talks with the United States on Monday, blaming the U.S. for a ”stalemate” in bilateral relations and calling on America to change ”its highly misguided mindset and dangerous policy.” (U.S. Department of State via AP) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210726-OYT1I50188-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)