読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

イラクでの米軍戦闘任務、年内終了で合意…「イスラム国」掃討などの支援は継続

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=田島大志】米国のバイデン大統領は26日、ホワイトハウスでイラクのムスタファ・カディミ首相と会談し、今年末までに米軍のイラクでの戦闘任務を終了することで合意した。イスラム過激派組織「イスラム国」掃討などのためのイラク政府軍への支援は継続し、現在約2500人の駐留規模に大きな変化はない見通しだ。

26日、米ホワイトハウスで、イラクのムスタファ・カディミ首相(左)と握手を交わすバイデン大統領=ロイター
26日、米ホワイトハウスで、イラクのムスタファ・カディミ首相(左)と握手を交わすバイデン大統領=ロイター

 バイデン氏は会談の冒頭、「我々の役割はイラクを支援し、『イスラム国』に対処することだ。年末までに戦闘任務に就くことはなくなる」と語った。

 米軍は2011年にイラクから撤収したが、その後「イスラム国」が台頭したため14年から再び駐留している。17年に「イスラム国」最大の拠点を政府側が奪還後、米軍の活動の主体は政府軍支援に移っていた。米政府高官は「政府軍は継続的な訓練を必要としている。輸送や情報活動、能力向上などの支援はすべて継続する」と記者団に語った。

 米軍は20年1月、イラクの首都バグダッドでイラン革命防衛隊のスレイマニ司令官を殺害した。これを機に、イラク国民議会が駐留米軍の全面撤退を求める決議を採択するなど対米感情が悪化しており、戦闘任務の終了は、米側がイラクの世論に配慮したものとみられる。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2237618 0 国際 2021/07/27 10:38:00 2021/07/27 11:40:32 2021/07/27 11:40:32 U.S. President Joe Biden greets Iraq's Prime Minister Mustafa Al-Kadhimi during a bilateral meeting in the Oval Office at the White House in Washington, U.S., July 26, 2021. REUTERS/Evelyn Hockstein https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210727-OYT1I50094-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)