読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

香港「国安法」で初の有罪…警官隊にバイクで突っ込んだ男性に「中国から分離あおった」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【香港=吉岡みゆき】香港の高等法院(高裁)は27日、反政府抗議運動を取り締まっていた警官隊にバイクで突っ込んだとして、国家安全維持法(国安法)違反などの罪に問われた男性(24)に有罪を言い渡した。昨年6月末に施行された国安法を適用した有罪宣告は初めて。量刑は後日に言い渡される。

 男性は昨年7月1日、2019年の抗議運動のスローガン「光復香港 時代革命」(香港を取り戻せ 我らの時代の革命だ)を記した旗を挿してバイクを運転し、警官に負傷させたとされる。

 裁判所は、男性は「スローガンが香港独立の意味を持つと完全に理解しており、中国から香港を分離する行動をするよう他人をあおる意図があった」と認定。その上で、男性について国安法の国家分裂とテロ活動の罪が成立すると判断した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2240127 0 国際 2021/07/28 05:00:00 2021/07/28 09:50:20 2021/07/28 09:50:20

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)