読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「米印がパンデミック終わらせるリーダーに」…外相会談でワクチン供給一致

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 米国のブリンケン国務長官は28日、インドのスブラマニヤム・ジャイシャンカル外相と訪問先のニューデリーで会談した。両氏はインド太平洋地域で影響力を強める中国を念頭に、日米豪印による協力枠組み「Quad(クアッド)」の連携を深め、新型コロナウイルスのワクチン供給を進めることなどで一致した。

28日、ニューデリーの迎賓館で、ジャイシャンカル外相(右)の歓迎を受けるブリンケン米国務長官=AP
28日、ニューデリーの迎賓館で、ジャイシャンカル外相(右)の歓迎を受けるブリンケン米国務長官=AP

 ブリンケン氏の訪印は就任後初めてだ。会談後の共同記者会見で、「米印関係の強化は最重要外交課題だ」と述べた。インドでのワクチン製造拡大のため、新たに2500万ドル(約27億円)の支援を表明し、「米印がパンデミックを終わらせるリーダーになると信じている」と決意を示した。

 印外務省関係者によると、クアッドは協力の一環で来年から、インドで製造したワクチンをインド太平洋地域の国々に供給する予定だ。

 ジャイシャンカル氏は共同記者会見で、「クアッドの枠組みの下で、我々は海洋安全保障やインフラ(社会基盤)整備などに対応している」とアピールした。

 8月末に駐留米軍の撤収が完了するアフガニスタン情勢も議題となり、米印がアフガン支援を継続することで一致した。インドは2001年以降、アフガンにインフラ整備などで30億ドル(約3300億円)相当の支援を行っている。

 また、28日はブリンケン氏とナレンドラ・モディ印首相の会談も行われた。

(ニューデリー支局 小峰翔、ワシントン支局 蒔田一彦)

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2242672 0 国際 2021/07/28 21:30:00 2021/07/29 00:47:22 2021/07/29 00:47:22 India's Foreign Minister Subrahmanyam Jaishankar, right, greets U.S. Secretary of State Antony Blinken at Hyderabad House in New Delhi, India Wednesday, July 28, 2021.  (Jonathan Ernst/Pool Photo via AP) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210728-OYT1I50181-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)