読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「亡命希望は祖国への裏切り」ベラルーシメディアが非難キャンペーン…夫はウクライナへ退避

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【モスクワ=田村雄】東京五輪の女子陸上競技に出場し、ポーランドに亡命を希望しているベラルーシのクリスツィナ・ツィマノウスカヤ選手(24)に対し、ベラルーシの国営メディアは「祖国への裏切り」などと非難キャンペーンを展開している。

 政権の統制下にある国営通信ベルタは2日、ツィマノウスカヤ選手が「競技ではなく、(亡命)計画を実行するために東京に行った」との国会議員の発言を伝えた。昨年8月の大統領選以降、アレクサンドル・ルカシェンコ大統領と対立を深める米欧の関与を疑う主張もある。

 ツィマノウスカヤ選手の夫は2日、ベラルーシを退避し、隣国ウクライナに到着した。夫は、英BBCロシア語版の取材に「出国は(亡命申請の知らせから)30分以内に決めた」ことを明らかにした。ルカシェンコ政権が、国内にいるツィマノウスカヤ選手の家族に圧力をかける可能性を懸念したとみられる。

都内の在日ポーランド大使館で、ミレフスキ駐日大使(右)と面会したツィマノウスカヤ選手=大使の3日のツイッターから
都内の在日ポーランド大使館で、ミレフスキ駐日大使(右)と面会したツィマノウスカヤ選手=大使の3日のツイッターから

 一方、ツィマノウスカヤ選手に人道上の理由でビザを発給したポーランドのパベウ・ミレフスキ駐日大使は3日、自身のツイッターでツィマノウスカヤ選手と前日に続き、面会したことを明らかにした。大使は「緊急の支援を必要とする人の助けになれて、素晴らしい気持ちだ」と投稿した。

 ポーランドは東西冷戦時代にソ連の影響下に置かれ、ルカシェンコ政権の後ろ盾になっているロシアへの反感が根強い。ポーランドと同じ境遇のチェコもビザ発給の用意を示していた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2258800 0 国際 2021/08/03 20:55:00 2021/08/03 23:28:42 2021/08/03 23:28:42 都内の在日ポーランド大使館で、ミレフスキ駐日大使(右)と面会したツィマノウスカヤ選手。大使が3日、ツイッターに投稿した=ツイッターから https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210803-OYT1I50204-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)