読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

豪雨水害の中国・鄭州市でコロナ感染者増加…院内感染と関連

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【北京=比嘉清太】記録的な豪雨による水害が起きた中国河南省の省都・鄭州市の政府は2日、新型コロナウイルスの感染者が7月30日以降、無症状を含め63人に上っていると発表した。インド由来の変異ウイルス「デルタ株」の感染も含まれており、大部分は7月末の市内の病院での院内感染と関連しているという。

 市内では厳しい防疫措置が始まっており、約190万人が被災した水害にコロナ禍が追い打ちをかけた。SNSでは「救助を待つ状況でどうやって防疫措置を取れば良いのか」といらだつ被災者の投稿も相次ぐ。

  習近平シージンピン 国家主席は水害が深刻化した直後、感染症の拡大を警戒するように指示していた。すでに市の防疫対策責任者が免職されており、香港紙・星島日報は3日、市トップの共産党委員会書記も更迭される可能性があると伝えた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2258851 0 国際 2021/08/03 21:10:00 2021/08/03 21:10:00 2021/08/03 21:10:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)