中国製ワクチンに疑義…チリ、3回目接種はアストラ製で

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 南米チリ政府は5日、中国製薬大手「科興控股生物技術」(シノバック・バイオテック)製の新型コロナワクチンを接種した55歳以上の市民に対し、11日から英アストラゼネカ製を使って3回目の接種を行うと発表した。

国内で新たに9572人感染、死者13人…重症者は5人増の45人
中国企業が開発した新型コロナウイルスのワクチン
中国企業が開発した新型コロナウイルスのワクチン

 チリでは人口約1900万人の約65%が接種を完了したが、そのうち約75%がシノバック製だった。

 シノバック製は有効性に疑義があると指摘されており、感染力が強いインド由来の変異ウイルス「デルタ株」の感染拡大を防ぐには、別の種類の追加接種が必要と判断した模様だ。

 南米ではウルグアイ政府も、シノバック製で2回の接種を終えた国民に対し、米ファイザー製を追加接種する方針を示している。(リオデジャネイロ支局 淵上隆悠)

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2267964 0 国際 2021/08/07 05:00:00 2021/08/07 09:01:52 2021/08/07 09:01:52 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210807-OYT1I50069-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)