中国の幼稚園にすべての教育を「標準中国語」で行うよう通知…少数民族地域や農村で

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 中国教育省が、国内の少数民族居住地域や農村の幼稚園で9月の新学期から、すべての教育を普通話(標準中国語)で行うよう求める通知を出した。標準中国語の教育強化を通し、「中華民族」としての一体性を強めるのが狙いだ。

習近平国家主席
習近平国家主席

 通知は2日付。「中華民族の共同体意識の形成」のため、標準中国語能力が一定水準に達していない幼稚園教諭への言語教育を実施し、2025年までに教諭の能力不足を解決するとの目標を掲げる。インターネットを使い、就学前から子どもの標準中国語の基礎固めも徹底するという。

  習近平シージンピン 政権は少数民族の同化政策を進め、民族言語の消滅を危惧する少数民族との間であつれきを生んでいる。内モンゴル自治区政府が昨年8月、小中学校で一部科目の教科書をモンゴル語版から全国統一の標準中国語版に順次切り替える方針を示した際には、保護者らの抗議運動が起きた。(上海支局 南部さやか)

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2269911 0 国際 2021/08/08 01:46:00 2021/08/08 01:46:00 2021/08/08 01:46:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210807-OYT1I50178-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)