読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

人民日報などが米批判記事で引用の「スイス学者」、スイス大使館が存在を否定

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【瀋陽=川瀬大介、ロンドン=池田慶太】新型コロナウイルスの起源調査を巡り、中国メディアが米国を批判した記事の根拠が揺らいでいる。スイスの生物学者と称する人物がSNSに投稿したコメントを引用していたが、在中国スイス大使館が、この人物の存在自体を否定したのだ。

 中国共産党機関紙・人民日報など官製メディアは7月下旬以降、スイスの生物学者ウィルソン・エドワーズと名乗る人物が「米国が世界保健機関(WHO)に圧力を加えている」などとフェイスブックに投稿した内容を引用し、米国を批判する記事を流した。

 しかし、在中国スイス大使館は10日、中国版ツイッター・ 微博ウェイボー で、この人物の市民登録や論文はないと明らかにした。フェイスブックのアカウント開設が、記事に引用される直前の7月24日で、友人登録が3人だけだったことも指摘し、関連の報道は「誤り」として記事削除を求めた。一部の報道機関は記事を削除した。

中国科学院武漢ウイルス研究所
中国科学院武漢ウイルス研究所

 ウイルスの起源を巡っては、バイデン米大統領が5月、中国・武漢のウイルス研究所への追加調査を指示。WHOのテドロス・アダノム事務局長も7月、武漢での2回目の調査を提案したが、中国側は反発している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2280723 0 国際 2021/08/12 21:23:00 2021/08/12 22:27:12 2021/08/12 22:27:12 中国科学院武漢ウイルス研究所の前に並ぶ警備員。米政府が同研究所から新型コロナウイルスが流出した可能性を指摘したことについて、世界保健機関(WHO)の現地調査メンバーが否定的な発言をしたと、中国メディアが相次いで報じている。中国湖北省武漢市で。2021年2月6日朝刊「『研究所ウイルス流出 否定的』 WHO武漢調査 中国報道」掲載。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210812-OYT1I50117-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)