読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

文大統領「対話の門は開いている」…「光復節」で演説、具体的な提案なし

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ソウル=上杉洋司】韓国の 文在寅ムンジェイン 大統領は15日、ソウル市で行われた日本統治からの解放記念日「光復節」の式典で演説し、日韓関係について、「両国間の懸案に対応するための対話の門はいつも開いている」と述べた。元徴用工(旧朝鮮半島出身労働者)や慰安婦の問題について個別の言及はなかった。

 文氏は「韓日両国が知恵を集め、困難を共に克服し、協力の模範となることを期待する」と関係改善に意欲を示したが、具体的な提案はなかった。「正すべき歴史問題は、国際社会の普遍的な価値に合う行動で解決していく」とも述べた。文政権が掲げてきた「被害者中心主義」を継続することを示唆したもので、日本側の歩み寄りを期待しているものと見られる。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2286197 0 国際 2021/08/15 11:00:00 2021/08/15 14:22:40 2021/08/15 14:22:40

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)