読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

タリバン、アフガン首都に進攻…米大使館員が退避開始

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【テヘラン=水野翔太、ワシントン=蒔田一彦】アフガニスタンの旧支配勢力タリバンは15日、首都カブールに進攻した。ロイター通信などが伝えた。タリバンは声明で、武力による首都制圧の意向を否定した。英BBCは、市内で大きな戦闘は起きていない模様だと伝えた。

 タリバンは声明で、「安全に政権移行が行われるよう、交渉が続いている」と述べ、アフガン政府に対し、首都を明け渡すよう求めた。

首都カブールの米大使館上空を飛ぶ米ヘリ(AP)
首都カブールの米大使館上空を飛ぶ米ヘリ(AP)

 声明では、指導部が戦闘員に対し、カブールには入らないよう指示していたことも明らかにした。現場に指示が行き届かず、一部の戦闘員が首都に入った可能性もある。英BBCによると、カブール周辺では散発的な銃撃戦が起きている。

 一方、ロイター通信などによると、カブールの米大使館員は退避を開始した。米政府は退避支援のためにアフガン駐留米軍を約3000人増派している。

 これに関連し、バイデン米大統領は14日、アフガンに1000人規模の米軍部隊を追加派遣することを承認した。大使館職員ら民間人の退避を加速させる考えとみられる。

 タリバンは15日までに、北部の中心都市マザリシャリフや東部ジャララバードなど新たに9州都を占拠したと表明した。タリバンが制圧した州都は、全34州中30に拡大した。米メディアは「カブール以外に政府側が統制している主要都市はなくなった」と伝えている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2286632 0 国際 2021/08/15 17:53:00 2021/08/15 19:24:32 2021/08/15 19:24:32 A U.S. Chinook helicopter flies over the U.S. Embassy in Kabul, Afghanistan, Sunday, Aug. 15, 2021. Helicopters are landing at the U.S. Embassy in Kabul as diplomatic vehicles leave the compound amid the Taliban advanced on the Afghan capital. (AP Photo/Rahmat Gul) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210815-OYT1I50062-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)