読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

タリバン報道官「戦争は終結した」、アフガン首都を掌握…ガニ大統領は国外に退避

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

15日、カブールの大統領府を占拠するタリバン戦闘員ら(AP)
15日、カブールの大統領府を占拠するタリバン戦闘員ら(AP)

 【テヘラン=水野翔太、ロンドン=池田慶太】アフガニスタンのイスラム主義勢力タリバンは15日、首都カブールに侵攻し、大統領府を占拠した。アシュラフ・ガニ大統領は航空機で国外に退避し、2001年の米同時テロ後に成立した民主政権は崩壊した。アフガンが今後、タリバンの支配下に置かれ、イスラム過激派の温床となりかねないとの懸念が広がっている。

 タリバンの報道官は15日夜、中東カタールのテレビ局アル・ジャジーラに「戦争は終結した」と述べた。15日の英BBCの電話インタビューに対しては、「数日のうちに平和的な権力の移行を望む」と述べ、崩壊したアフガン政権や外国軍部隊の協力者に対して「報復はない」とも明言した。

ガニ大統領(ロイター)
ガニ大統領(ロイター)

 タリバンのカブール入りが伝えられたのは15日正午頃だった。市内で銃撃戦などはほぼ起きなかった模様で、その後、大統領府の職員らに退去を迫ったとみられる。タリバンが州都の攻略に乗り出したのは6日で、わずか10日間という驚異的なスピードでほぼ全土を掌握した。今月末までの駐留米軍の完全撤収を決め、治安維持を政府軍に委ねていた米バイデン政権にとっては大きな誤算となった。

 アル・ジャジーラは15日夜、武装した戦闘員十数人がガニ氏の執務室を占拠する様子を中継した。放送はタリバンの意向によるもので、事実上の政権奪還を印象づける狙いとみられる。

 米紙ニューヨーク・タイムズによると、ガニ氏は妻や側近らとウズベキスタンに逃れた。退避先はタジキスタンとの報道もある。ガニ氏はフェイスブックへの投稿で「流血の事態を避けるためだ」と表明した。

 カブール市内では混乱が続いた。英BBCが伝えた現地の映像では、国外脱出のために国際空港に向かう車で市内の道路は大渋滞となっていた。米軍輸送機は大使館と空港の間を往復し、約4000人とされる米大使館員らの退避を支援した。AP通信によると、米大使もすでにアフガンから退避した。英国など欧州主要国も大使館の閉鎖や人員削減、移転を進めている。

 一方、ロシアやトルコは大使館業務を続けると表明した。「タリバン政権」への承認を巡り、各国で対応が分かれる可能性がある。

 タリバンは01年に米国などから政権を追われるまで、民主主義の否定や女性教育の禁止など過激なイスラム政策をとった。過去には国民への公開処刑など残酷な処罰も行われ、深刻な人権侵害の再燃も懸念される。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2286918 0 国際 2021/08/16 03:11:00 2021/08/16 13:31:43 2021/08/16 13:31:43 FILE PHOTO: Afghanistan?Vs president, Ashraf Ghani, speaks during his inauguration as president, in Kabul, Afghanistan, March 9, 2020. REUTERS/Mohammad Ismail/File Photoガニ大統領(ロイター) ※顔P用 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210816-OYT1I50003-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)