読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

山尾志桜里議員らへの制裁呼びかけで国安法違反…香港の活動家に有罪認定

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【広州=吉岡みゆき】香港の民主活動家、李宇軒氏が国家安全維持法(国安法)違反の罪に問われた19日の公判で、香港の検察当局が、国民民主党の山尾志桜里・衆院議員ら日本の国会議員に中国と香港への制裁を呼びかけた李氏の行為が国安法違反にあたると指摘していたことが21日、わかった。

 検察当局の裁判資料によると、李氏は超党派の「対中政策に関する国会議員連盟」の山尾氏らに接触し、人権侵害を理由として他国の高官らに制裁を科すための日本版「マグニツキー法」制定を働きかけたという。李氏らが、廃刊した香港紙・蘋果日報(アップル・デイリー)創業者の 黎智英れいちえい 氏らの資金を元手に、日経新聞も含む外国の新聞に意見広告を載せたとも指摘した。

 李氏は起訴事実を全面的に認め、裁判所は有罪と認定した。国安法違反事案で、日本側との「結託」が罪に問われたのは初めてだ。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2302283 0 国際 2021/08/21 12:05:00 2021/08/21 13:03:10 2021/08/21 13:03:10

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)