読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「タリバン恐れない」アフガン首都で女性がデモ行進…就労や教育の権利求める

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

3日、カブールで、女性の権利を求めて声を上げる抗議デモの参加者ら=AP
3日、カブールで、女性の権利を求めて声を上げる抗議デモの参加者ら=AP

 【テヘラン=水野翔太】アフガニスタンの実権を掌握したイスラム主義勢力タリバンが主導する新政権が近く樹立されるのを前に、就労や教育を受ける権利の保障を求めるアフガン女性が2~3日、首都カブールなどでデモ行進を行った。

 カブールでは3日、約30人の女性がデモに参加し、新政権の閣僚に女性を登用することなども要求した。英BBCなどが公開した映像では、銃を持ったタリバン戦闘員に威嚇される場面もあった。女性らはスローガンを連呼し、SNS上では「勇気ある行動だ」などと称賛する投稿が相次いだ。

 2日には西部ヘラートで、女性約50人が、一部の政府職員の復職を認めず、女子児童らの登校を制限したタリバンに抗議した。人権活動家ソニア・アフマディさん(25)は本紙の取材に「私たちはタリバンを恐れない。権利を守るために団結する」と話した。

 タリバンは、旧政権で著しく侵害された女性の人権を「保障する」としているが、懐疑的な見方が強い。女性らのデモは、アフガン国内に今も残る欧米メディアが注目している。タリバンは国際社会からの新政権承認を意識し、現時点では静観している模様だ。

 一方、AFP通信などによると、東部パンジシール州では、タリバンと抵抗勢力との戦闘が続いており、タリバンは新政権樹立を前に、投降を要求している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2339942 0 国際 2021/09/04 10:42:00 2021/09/04 10:42:00 2021/09/04 10:42:00 Women gather to demand their rights under the Taliban rule during a protest in Kabul, Afghanistan, Friday, Sept. 3, 2021. As the world watches intently for clues on how the Taliban will govern, their treatment of the media will be a key indicator, along with their policies toward women. When they ruled Afghanistan between 1996-2001, they enforced a harsh interpretation of Islam, barring girls and women from schools and public life, and brutally suppressing dissent. (AP Photo/Wali Sabawoon) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210904-OYT1I50037-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)