読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

タリバン、「一帯一路」のアフガン拡大要望…中国・パキスタン経済回廊

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 アフガニスタンを掌握したイスラム主義勢力タリバンのザビフラ・ムジャヒド報道官は3日、中国とパキスタンが進める大規模インフラ(社会基盤)整備事業「中パ経済回廊(CPEC)」を、アフガンまで拡大するよう呼びかけた。

 ムジャヒド氏は、パキスタンの首都イスラマバードで開かれた国際会議にオンラインで参加し、「貿易を拡大させるためにもパキスタンの支援を望んでいる」と述べた。米欧がアフガン支援の継続に慎重な姿勢を示す中、タリバンは中パ両国にインフラ整備で協力を仰ぐ構えだ。

 CPECは、中国西部からパキスタン南西部グワダル港までの約2700キロ・メートルの間に高速道路や発電所、港湾などを整備するプロジェクトで、中国の巨大経済圏構想「一帯一路」の中心事業に位置づけられている。

 タリバンは中パの投資を呼び込み、新政権発足後の経済活動を活発化させる狙いだが、国内の治安状況を大幅に改善させる必要がある。パキスタンで中国人襲撃を重ねているタリバン支持の反政府武装勢力「パキスタン・タリバン運動」の動きを抑えることも求められる。(ニューデリー支局 小峰翔)

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2341280 0 国際 2021/09/04 23:24:00 2021/09/04 23:24:00 2021/09/04 23:24:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210904-OYT1I50157-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)