読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

中国が芸能界の引き締め強化…「富裕層の象徴」狙い撃ち、企業家などにも圧力

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【北京=田川理恵】中国の 習近平シージンピン 政権が、芸能界に対し、共産党への忠誠を求めるなど引き締めを強めている。社会的影響力の強い芸能界を徹底した管理下に置くことで、一党支配のさらなる強化を図る狙いだ。

習近平氏=ロイター
習近平氏=ロイター

 中国の国家ラジオテレビ総局は2日付で、全国の地方当局に「党や国家から心が離れている」人物をテレビやインターネット番組に出演させないよう指示した。出演者を選ぶ基準に「政治的素養や道徳的品行」を挙げ、番組制作では「中国の優れた伝統文化や高度な社会主義文化」を重視するよう明記。視聴者投票によるアイドル育成番組も禁じた。芸能界を「愛党・愛国」の宣伝に徹底的に利用する思想・文化統制と言える。

 高額な出演料を認めず、税逃れを厳しく罰するとも強調した。習政権は、国民全体を豊かにするという目標「共同富裕」の実現に向けて動き出しており、富裕層の象徴である芸能人を狙い撃ちにすることで、企業家など他の富裕層への圧力とする考えがあるようだ。

 8月末には、著名女優の 趙薇ジャオウェイ 氏の出演作品がネット上から一斉に削除された。理由は不明だ。台湾メディアによれば、趙氏が約20年前に 旭日旗きょくじつき と似たデザインの服を着たことや、IT大手アリババ集団の創業者・ 馬雲マーユン 氏との親密な関係が問題視された可能性がある。アリババを巡っては、馬氏が昨年に当局批判とも受け取れる発言をして以降、当局が一気に締め付けを強めた。

 芸能界の統制強化を巡っては、官製メディアが8月末、「資本中心から人民中心への変革であり、社会主義の本質への回帰だ」と賛同する人気ブロガーの文章を一斉に転載した。「(毛沢東時代の)文化大革命のような政治的運動の前兆か」(英紙フィナンシャル・タイムズ)との見方も出た。一方、党機関紙・人民日報系の環球時報の 胡錫進フーシージン 編集長は「国の大きな政治方針から離れている」と、文革になぞらえる風潮を批判した。中国では今も、社会・経済が大混乱に陥った文革時代へのアレルギーは強く、国内で議論が起きている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2346398 0 国際 2021/09/07 05:00:00 2021/09/07 09:08:52 2021/09/07 09:08:52 FILE PHOTO: Hong Kong Chief Executive Carrie Lam (L) and Chinese President Xi Jinping walk after Lam took her  oath, during the 20th anniversary of the city's handover from British to Chinese rule, in Hong Kong, China, July 1, 2017. REUTERS/Bobby Yip/File Photo https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210907-OYT1I50032-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)