読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

米軍、アフガン誤爆認め謝罪「悲劇的な間違いだった」…慈善団体の男性や子供ら10人死亡

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=田島大志】米中央軍のケネス・マッケンジー司令官は17日の記者会見で、アフガニスタンの首都カブールの空港付近で8月29日に行った無人機による空爆が、誤爆だったと認めた。標的としたのは、米国に拠点を置く慈善団体に勤める男性だったことを確認し、男性や子供7人ら民間人計10人が死亡したとして全面的に謝罪した。

 オースティン国防長官は、声明を発表し「この残酷な過ちから学ぶ努力をする」として、事実関係の調査を徹底し、再発防止策を検討するよう指示した。

 中央軍によると、車両搭載型の爆破装置を使ったイスラム過激派組織「イスラム国」によるテロ攻撃の計画があるとする情報を得て、対象の車両を約8時間にわたり追尾した末に攻撃したという。米兵13人が死亡した8月26日の自爆テロの発生後、テロの計画立案者らに対する報復に続く2度目の空爆だった。

 マッケンジー氏は「(男性が)『イスラム国』に関連していた可能性は低い。攻撃は悲劇的な間違いだった」とした。男性側に対する賠償を検討していることも明らかにした。

 この慈善団体によると、男性はエンジニアとしてアフガンでの大豆加工工場の設立に貢献したといい「同僚から尊敬され、貧困に苦しむ人たちへの思いやりに満ちていた」と悼んだ。

 攻撃直後、米軍は自爆テロ阻止に向けた「正しい攻撃だ」と強調していたが、米メディアが関係者取材などから標的が民間人男性で、積み荷も水のタンクだったと報じていた。

 バイデン政権は、アフガンからの性急な米軍撤収が批判を浴びていただけに、誤爆は大きな波紋を広げている。与党・民主党からも「攻撃直後に声明を出した際、すべての情報を説明したのか懸念がある」(アダム・シフ下院議員)などと政権の対応を疑問視する声が出ている。

 米国は今後、中東などに駐留する米軍の無人機を使って対テロ作戦を続ける構えだが、今回の誤爆でそうした活動に影響が及ぶ可能性もある。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2376360 0 国際 2021/09/18 05:30:00 2021/10/17 06:00:11 2021/10/17 06:00:11

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)