読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「接種会場に誰も来ない」国際支援のワクチン7割返還…アフリカ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスのワクチンを巡る先進国と途上国との供給格差が指摘される中、アフリカ中部コンゴ民主共和国は4月、国際支援で供給されたワクチンの大半を返還していた。接種の重要性が国民に正しく伝わらず、ワクチンを打とうとする人がほとんどいないためだ。(キンシャサ 深沢亮爾、写真も)

首都キンシャサのワクチン接種会場で、ひたすらイスに腰掛けたまま接種希望者が来るのを待つ看護師ら(8月23日)
首都キンシャサのワクチン接種会場で、ひたすらイスに腰掛けたまま接種希望者が来るのを待つ看護師ら(8月23日)

 8月後半、首都キンシャサの病院に設置されたワクチン会場で、防護服姿の看護師らはけだるそうにイスに腰掛けていた。会場には英アストラゼネカ製のワクチンが用意されているが、会場を訪れる人はいない。現場責任者のラッキー・ルカンバ氏(46)がため息をついた。「SNSなどでアストラゼネカ製は危険という根拠のない風評が広がり、ワクチンを希望する人がいないのです」

 コンゴは、エボラ出血熱、マラリア、コレラなど多くの感染症に直面する。世界保健機関(WHO)コンゴ事務所で公衆衛生を担当するジェルベ・テンゴモ医師は「感染すれば多くの死者が出るエボラなどと異なり、新型コロナは危険性を実感しづらい部分がある」と語った。エボラが流行した2018年にはワクチン接種希望者が殺到したという。

 政府が返還したのは、ワクチンを共同購入・分配する国際的枠組み「COVAX(コバックス)」から供給された170万回分のうち130万回分だった。WHOによると、コンゴで9月22日までに接種を完了したのは、人口約8600万人の0・1%にも満たない3万7532人。医療関係者の間では、深刻な接種の遅れは「ワクチンの量を確保すれば解決するというものではない」との声が出ている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2392937 0 国際 2021/09/25 05:00:00 2021/09/25 09:49:13 2021/09/25 09:49:13 首都キンシャサのワクチン接種会場で、ひたすらイスに腰掛けたまま接種希望者が来るのを待つ看護師ら(8月23日)=深沢亮爾撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210925-OYT1I50012-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)