読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

タリバン、米軍協力者らへの報復禁じる…政府庁舎での「自撮り」にも苦言

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

24日、カブールで、米国などによる資産凍結の解除を求めるデモに参加するアフガン市民ら(AP)
24日、カブールで、米国などによる資産凍結の解除を求めるデモに参加するアフガン市民ら(AP)

 【テヘラン=水野翔太】アフガニスタンで実権を握ったイスラム主義勢力タリバンは、配下の戦闘員らに対し、米軍協力者や崩壊した前政権高官らへの報復を禁じる通達を出した。違反者には刑罰も辞さない姿勢だが、徹底されるかどうかは不透明だ。

 タリバンのムハンマド・ヤクーブ暫定国防相が音声で公開した通達によると、ここ数日、戦闘員らが故意に国民を殺害する事件が相次いだといい、「何人たりともそうした権利を有しない」と、関与した戦闘員らを非難した。

 また、戦闘員が軍用車両を乗り回したり、政府庁舎で自撮りしたりする行為がひんしゅくを買っているといい、綱紀粛正も求めた。

 一方、ロイター通信などは25日、タリバンが西部ヘラートで誘拐犯ら4人を殺害し、市内の広場に遺体をつるしたと報じた。犯罪抑止をアピールする狙いのようだが、人権重視を求める米欧との溝がさらに深まる可能性もある。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2393943 0 国際 2021/09/25 18:49:00 2021/09/26 00:19:42 2021/09/26 00:19:42 Afghans gather during a demonstration organized by the Afghan Society of Muslim Youth, demanding the release of frozen international money in Kabul, Afghanistan, Friday, Sept. 24, 2021. Afghanistan faces an economic meltdown after the chaos of the past month, which saw the Taliban oust the government in a lightning sweep as U.S. and NATO forces exited the 20-year war. (AP Photo/Felipe Dana) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210925-OYT1I50145-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)