武漢のコロナ発信した中国人ジャーナリスト、1年8か月ぶり姿…「当局による拘束」は語らず

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【上海=南部さやか】新型コロナウイルスの感染拡大で封鎖された中国湖北省武漢市の実情を発信し、その後、行方不明になっていた市民ジャーナリストの陳秋実氏がユーチューブに登場し、約1年8か月ぶりに無事な姿を見せた。中国当局に拘束されていたとみられるが、この間の状況は語らなかった。

 陳氏は9月30日、友人で格闘家の徐暁冬氏の番組に生出演し、心身不調を改善するため、北京の徐氏のもとで格闘技の訓練に励んでいると報告した。自由に行動できるようになった時は、「1、2キロ・メートル歩くだけで疲れた」と話し、うつ病だったことも明かした。ツイッターにも、「1年8か月で多くを経験した。話せることと話せないことがある」と投稿した。

 陳氏は武漢から医療現場の混乱ぶりなどを伝えていたが、昨年2月に連絡が途絶え、9月には、山東省青島市で当局の監視下にあると伝えられていた。

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2413849 0 国際 2021/10/02 23:55:00 2021/10/02 23:55:00 2021/10/02 23:55:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)