読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

パキスタン「核開発の父」、カーン博士死去…北朝鮮やイランにつながる「闇市場」築く

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューデリー=小峰翔】パキスタンの「核開発の父」と呼ばれ、北朝鮮やイランへの核拡散につながる「核の闇市場」を築いたアブドル・カディル・カーン博士が10日、首都イスラマバードの病院で死去した。85歳だった。

カーン博士(AP)
カーン博士(AP)

 1936年にインド中部で生まれ、その後パキスタンに移住した。欧州の核関連施設で働き、ウラン濃縮用の遠心分離器技術を盗み出したとされる。

 帰国後はパキスタンの核開発チームの中心となった。98年5月にイスラム圏として初めての核実験を成功させ、直前に核実験を強行した宿敵インドの脅威に対抗した。

 一方で、核兵器に使用する部品調達のため、「核の闇市場」と呼ばれる世界的なネットワークを構築した。カーン氏は2004年、北朝鮮とイラン、リビアに核関連技術を提供したことを認めたが、その後、技術流出への関与を否定し、政府と対立。晩年まで監視下に置かれた。

 イムラン・カーン首相は10日、「攻撃的でより巨大な核の隣人がいる中、我々に安全を提供した。国民的象徴だった」とツイッターに投稿し、死を悼んだ。カーン氏は10日に国葬された。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2433393 0 国際 2021/10/10 15:39:00 2021/10/11 10:15:53 2021/10/11 10:15:53 FILE - In this undated file photo, Pakistan's nuclear scientist Abdul Qadeer Khan, founder of Pakistan's nuclear program, poses after receiving the highest civil award of ”Nishan-I-Imtiaz,”, in Islamabad, Pakistan. Known as the father of Pakistan's nuclear bomb, Khan, died Sunday, Oct. 10, 2021 following a lengthy illness. He was 85. (AP Photo, File) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211010-OYT1I50062-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)