読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

テロと断定、「イスラム過激主義」に絡む動機か…英議員刺殺で男逮捕

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ロンドン=池田慶太】英イングランド東部のエセックスで15日昼、地元選挙区の教会で有権者との対話集会を開いていたデビッド・エイメス下院議員(69)がナイフで複数回刺されて死亡した。警察は現場にいた英国人の男(25)を殺人容疑で逮捕し、テロ事件として捜査を始めた。

 ロンドン警視庁は16日、犯行には「イスラム過激主義に関連する潜在的な動機」があり、テロ事件と断定したと発表。英BBCは男がソマリア系だと報じた。単独犯とみられる。

 与党・保守党所属のエイメス氏は1983年に初当選したベテラン議員で、同性婚や人工妊娠中絶に反対していた。

 英国では2016年6月、EU(欧州連合)離脱を問う国民投票の直前に、残留を主張する労働党の女性下院議員ジョー・コックスさん(当時41歳)が極右の男に殺害される事件が起きている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2447904 0 国際 2021/10/16 11:04:00 2021/10/16 11:04:00 2021/10/16 11:04:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)