読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

中国、台湾対岸の空軍基地3か所増強…専門家「統一の戦闘準備進めている」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【北京=大木聖馬】香港英字紙サウスチャイナ・モーニングポストは16日、中国が台湾対岸の福建省にある空軍基地3か所を増強していると報じた。米企業の撮影した衛星写真を分析したものとして伝えており、台湾有事の際に重要となる空軍能力の強化に向け、関連施設の整備も着実に進めているとみられる。

天安門広場
天安門広場

 同紙によると、3か所の空軍基地は台北から西に約200~400キロ・メートル離れた台湾海峡沿岸付近にあり、昨年初めから増強作業が始まったという。先月末から今月2日に撮影された衛星写真によると、滑走路の拡張や格納庫の防弾強化や地対空ミサイルの設置などが確認された。

 こうした基地増強は、旧型戦闘機よりも大きい新型戦闘機の配備に伴う格納庫の拡張や、有事の際の台湾側からの反撃に備えた防御性能の向上が目的の可能性があるとしている。「中国南東部沿岸などの他の基地も増強されており、台湾を統一するための戦闘準備を進めている」とする専門家の見方も伝えた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2448710 0 国際 2021/10/16 21:54:00 2021/10/16 21:54:00 2021/10/16 21:54:00 天安門広場(2月1日、北京で)=片岡航希撮影中国・北京の天安門=片岡航希撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211016-OYT1I50082-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)