読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

音速の5倍以上で飛行、中国が「極超音速兵器」…英で報道「米情報機関が驚くほど高度な能力」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=蒔田一彦】英紙フィナンシャル・タイムズ(電子版)は16日、米当局者の話として、中国が8月に音速の5倍以上の速さで飛行する極超音速兵器の実験を行ったと報じた。核搭載可能な極超音速滑空体が地球上空の低軌道を周回し、標的には命中しなかったものの、中国の技術が「米当局の認識よりもはるかに進んでいることを示した」としている。

月面無人探査機の打ち上げに使用される中国のロケット「長征5号」(2020年11月、AP)。極超音速滑空体もこのシリーズのロケットで打ち上げられたとみられる
月面無人探査機の打ち上げに使用される中国のロケット「長征5号」(2020年11月、AP)。極超音速滑空体もこのシリーズのロケットで打ち上げられたとみられる

 記事によると、極超音速滑空体は、中国の主力ロケット「長征」で宇宙空間に打ち上げられた。低軌道を回った後、標的に向けて下降し、約40キロ・メートル離れた地点に着弾したという。記事は「米情報機関が驚くほど高度な能力だ」と指摘した。

 複数の関係者によると、今回実験された兵器は理論上、南極上空を飛行して米国を攻撃することができる。北極経由の攻撃に焦点を当ててミサイル防衛システムを構築している米軍にとって、「大きな課題になり得る」という。

 極超音速兵器は高速で軌道を変えながら低空を飛行するため、探知や迎撃が難しく、米国、中国、ロシアが激しい開発競争を繰り広げている。中国は、極超音速兵器を搭載可能な中距離弾道ミサイル「東風(DF)17」を既に実戦配備しているとみられている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2450013 0 国際 2021/10/17 21:26:00 2021/10/18 07:51:25 2021/10/18 07:51:25 A Long March-5 rocket carrying the Chang?Ve 5 lunar mission lifts off at the Wenchang Space Launch Center in Wenchang in southern China?Vs Hainan Province, early Tuesday, Nov. 24, 2020. China launched an ambitious mission on Tuesday to bring back material from the moon?Vs surface for the first time in more than 40 years 中国・海南島で、月面無人探査機を搭載し、発射されるロケット=AP。中国の航空宇宙当局は24日午前4時半(日本時間午前5時半)、月面無人探査機「嫦娥5号」を南部・海南島の文昌衛星発射センターから長征5号ロケットで打ち上げ、予定の軌道に投入した。2020年11月24日撮影。同日夕刊「中国、月の土壌採取へ 嫦娥5号 無人探査機打ち上げ」掲載。二次利用は写真部に連絡を。クレジット:AP https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211017-OYT1I50060-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)