読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

北の新型SLBM、2千トン級潜水艦から発射か「進化した制御・誘導技術を導入」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ソウル=豊浦潤一】朝鮮中央通信は20日、北朝鮮が19日に新型の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を発射したと発表した。日本海に落下したミサイルを指すとみられる。北朝鮮がSLBMを発射するのは、2019年10月の「北極星3型」以来2年ぶりだ。

 5年前に初めてSLBMを発射した「8・24英雄艦」を使ったという。北朝鮮が保有する2000トン級の潜水艦を指すとみられる。新型のSLBMには、「側面機動と滑空跳躍機動をはじめ、多くの進化した制御・誘導技術が導入された」と説明した。

 現地指導した幹部の中に、 金正恩キムジョンウン 朝鮮労働党総書記は含まれていなかった。

 今回のSLBMについて韓国の軍事専門家からは、変則的な軌道で飛行し、迎撃が難しい「イスカンデル」型の短距離弾道ミサイルを水中発射用に改良したものとの分析も出ている。11日から 平壌ピョンヤン で開かれた国防発展展覧会には、イスカンデル型に似た小型のSLBMが展示されていた。

 北朝鮮は9月以降、新型の長距離巡航ミサイル、列車から発射するタイプの弾道ミサイル、極超音速ミサイルと多様な攻撃手段を誇示し、米国への挑発レベルを徐々に高めている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2456981 0 国際 2021/10/20 13:51:00 2021/10/20 13:51:00 2021/10/20 13:51:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)